teke teke my life 読書記録置き場

teke teke my life別室その2。漫画や小説を読んだ感想の保管庫。

「のボルダ」「パリピ孔明」「愚者の星」の感想

のボルダ(1)/鬼頭莫宏 のりりんに引き続いての趣味漫画 パリピ孔明(1-8) 純粋に完成度の高い英霊現代転生もの 愚者の星(1-6)/遠藤浩輝 漫画力高いが、特筆すべきものもない感じ のボルダ(1)/鬼頭莫宏 のボルダ 1巻 (バンチコミックス) 作者:鬼頭…

「14歳の恋」「戦国妖狐」「アンデッドアンラック」の感想

14歳の恋(12)/水谷フーカ 戦国妖狐(17)/水上悟志 アンデッドアンラック(2-6)/戸塚慶文 14歳の恋(12)/水谷フーカ 14歳の恋 12 (楽園コミックス) 作者:水谷フーカ 白泉社 Amazon 14歳の恋、求めるものを100点で返してきたまま完結してくれましたし、4…

2021年11月に読んだ漫画の感想(アンデッドアンラック、ブルーピリオド 他)

アンデッドアンラック(1)/戸塚慶文 ブルーピリオド(1-7)/山口つばさ 亜人ちゃんは語りたい(10)/ペトス アンデッドアンラック(1)/戸塚慶文 アンデッドアンラック 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) 作者:戸塚慶文 集英社 Amazon アンデッドアンラック、1…

2021年10月に読んだ漫画の感想(亜人ちゃんは語りたい、ライドンキング)

亜人ちゃんは語りたい(1~9)/ペトス ライドンキング(1~7)/馬場康誌 亜人ちゃんは語りたい(1~9)/ペトス 亜人ちゃんは語りたい(9) (ヤングマガジンコミックス) 作者:ペトス 講談社 Amazon バンパイアやデュラハン、淫魔などの性質を持った人間で…

2021年9月に読んだ漫画の感想(ギャルと恐竜、映像研には手を出すな)

ギャルと恐竜(1~3)/森もり子 映像研には手を出すな!(1~4)/大童澄瞳 ギャルと恐竜(1~3)/森もり子 ギャルと恐竜(3) (ヤングマガジンコミックス) 作者:森もり子 講談社 Amazon コミックDAYSで読んだ「ギャルと恐竜」がキラリと光る作品だったので、単行…

「イジらないで、長瀞さん」「ザ・ファブル」他の感想。

講談社の漫画アプリで前からコミックDAYSは利用していたのですが、マガジンポケットも評判が良いアプリなようなので、こちらも入れてみました。 どちらのアプリも、毎日1話ずつ読める+追加で読みたい作品を1話読めるような設計になっており、他社のアプリ(…

ペンギン・ハイウェイの映画版と原作小説の感想。アオヤマくんのように生きたい。

ペンギン・ハイウェイ/森見登美彦 原作小説も映画版も良いが、映画の方が好きかな ペンギンハイウェイ(映画版) キャラも演出もストーリーも良い素晴らしい映画 特に他に代えがたい魅力を放つアオヤマくんのキャラクター 「えらくなる」ことを考えさせられ…

乙嫁語り1ー13巻の感想。横ばいの暮らしの幸福。

乙嫁語り(1-13)/森薫 好きなものを愛着を持って描く森薫のすばらしさよ 乙嫁語りの世界は横ばいの暮らしが肯定的でやさしい 生活や家族のために頑張る、というのが本来のところではあるよね 乙嫁語り(1-13)/森薫 乙嫁語り 13巻 (HARTA COMIX) 作者:森 …

スキップとローファー1-5巻の感想。進学校の解像度が高い…。

スキップとローファー(1‐5)/高松美咲 気持ちが救われる青春学園漫画 わかりみの深い悩みと悩みの解消過程が素晴らしい 上位進学校っぽい健全な学園生活描写が良き 兼近先輩が最高すぎるんじゃ もっと売れてもいいのにな スキップとローファー(1‐5)/高松…

吉田基己先生の「官能先生」は「夏の前日」に引続きろくでもない作品で素晴らしかった。

夏の前日(1-5)/吉田基己 吉田基己作品の中ではとてもマイルドな名作 20代前半の自意識に刺さりまくり… 官能先生(1-3)/吉田基己 吉田基己先生の最新作 わからないでもない気持ち悪さが良すぎる 気持ち悪いのに許容できるぎりぎりの線を付いているのが凄過…

小市民シリーズ他米澤穂信作品を読み返した記録

秋期限定栗きんとん事件(上下)/米澤穂信 小市民シリーズのベスト 浅はかな瓜野くんに感情移入させられてしまう 巴里マカロンの謎/米澤穂信 小市民シリーズの最新作 満願/米澤穂信 いつ読んでも「万灯」にガツンとやられる リカーシブル/米澤穂信 主人公の…

電撃4コマの家族ゲームが結構好きだったんです。

家族ゲーム(1-14)/鈴城芹 The電撃4コマ 毒にも薬にもならない都合の良い世界ですが、時には良いね 家族ゲーム(1-14)/鈴城芹 電撃4コマ コレクション 家族ゲーム(14) (電撃コミックスEX) 作者:鈴城 芹 KADOKAWA Amazon The電撃4コマ 10年以上前に電撃4…

うさぎドロップのラストのダイキチの選択は、正直わかる部分もあるんよな。

うさぎドロップ(1-10)/宇仁田ゆみ 賛否両論あるラストではあるものの、僕は好きな作品 ダイキチの最初の選択の強さときたらさぁ… 6歳というりんの年齢設定の妙 ラスト、6歳からしか育てていないと思うと、ダイキチの選択もわかる ダイキチとリンは保護者…

エマ、ハツカネズミの時間の感想

エマ(1-10)/森薫 ハツカネズミの時間(1-4)/冬目景 エマ(1-10)/森薫 エマ 10巻 (HARTA COMIX) 作者:森 薫 KADOKAWA Amazon 「エマ」を読み返していました(「シャーリー」も合わせて)。「エマ」は久しぶりに読み返したのですが、いま読み返しても、と…